img_01

トイレ交換するか修理するか迷ったら

毎日使うトイレにふぐ居合いが生じるととても困ります。


例えばよくあるのがトイレの水が流れにくく感じられたり、タンクの継ぎ目の部分や排水部分から水が染み出てくるといったトラブルなどです。



こうしたトラブルが発生すると多くの場合まずはトイレ交換することよりも修理することを検討します。

よく水のトラブルを定額で引き受けますというコマーシャルを目にする機会がありますが、一見するととても安い料金が表示されているので気軽に頼んでみると実際には部品代や修理費用出張費用などがかかり数万円にも上る料金が請求されるケースもあります。
こうした修理業者が悪いわけではなく、コマーシャルに表示されている料金はもともと基本料金なので、実際の修理の場合にはケースによっては高額の修理費が発生することは無理もないことなのです。



トイレも他の設備機器同様にある程度の期間経過すると劣化します。

もちろん10年以上使用することは間違いなくできる設備ですが、それ以上経過しているものの場合不具合が生じたら、それはトイレ交換を検討するタイミングとも言えます。



最新型のトイレは節水型便器が標準になっており、使う水の量が古いタイプのものと比較すると半分近くにまで節水できるものもあります。


高い修理費用をかけて何年かでまた不具合が出てしまうことになるよりも、思い切って高性能で節水できる最新式のトイレにトイレ交換することでさまざまなメリットがあることも確かです。